チャプチェ

韓国いろいろ 韓国語学堂 食べ物

韓国大好きな皆さま、チャプチェはよくご存知だと思います。

韓国旅行の際に口にされること多いと思いますし、おうちで作られる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

おうちで作られるとき、春雨は日本の細いものを使われたり、韓国や韓国食材のお店で売っている黄色い袋でお馴染みのタンミョンを使われたり、いろいろだと思いますが、今日我が家ではお初となる平たいタンミョンを使ってみました!

義母が袋に分けてくださったものなので、メーカー等不明で申し訳ないのですが・・・、まるできしめんのようなタンミョン。そのせいか、通常のタンミョンよりゆがく時間が多少長くなってしまいますが、モッチモチでコシがすごい!

ふつう、チャプチェはおかずのひとつなのですが、これは主食と言っても過言じゃないんじゃないか、くらいに食べ応えがあります。なかなか美味しかったですよー。

今日は、冷蔵庫にあった赤と黄色のパプリカ・ほうれん草・玉ねぎ・人参、そして牛肉で作りました。具材は何でもいいのですが、やはり5色揃っていると、伝統的な格式高いお料理になりますし、何より色鮮やかで美味しそうに見えるので、具材は5色を大事にするのがおススメです。

具材は色の薄いものから、1種類毎に炒めてくださいね。味付けは軽く塩コショウを。最後に牛肉を炒めます。牛肉は、予め塩コショウ・お砂糖・お醤油・おろしニンニク(みじん切りでも)で下味をつけておきますが、急いでいる時や面倒な時は、いつもお使いの焼肉のたれで炒めちゃっても大丈夫ですよー。

このあと、あっさりめがお好きな方は、それぞれに炒めた具材と牛肉、ゆがいたタンミョンをボウルに入れて、お砂糖・お醤油・ごま油で味付けして混ぜ合わせたら完成ですが、しっかりした味付けがお好きな方はフライパンで軽く炒め合わせても美味しいです。最後に、黄身と白身に分けて薄焼き卵にしたものをひし形に切って上に散らせば完璧ですが、なくてもokです。

チャプチェはおもてなし料理ですし、手がこんでいるふうに見えますが、わりとチャチャッと作れますので、是非お試しを!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です