ドキドキしますね!

勉強 韓国語学堂

本日28日15時より、10月20日に行われた第66回韓国語能力試験の結果が発表になります!

受験された皆さま、心の準備はいかがですか?
わたしは、もうドキドキです。お昼ごはんが喉を通らないほど、ではありませんが(笑)、ドキドキ始まっております。

わたしの感想ですが、今回の試験は、過去の試験に比べてかなり難しかったなという印象です。聞き取りはいつもの感じで、60分集中のあとにどっと疲れがきました。しかし、時間との闘いです。それに気づかぬふりで自分を奮い立たせ、次の作文に移りましたが、最後の設問これが難しかった!日本語で書けと言われても時間内にまとめられないんじゃないかと思うくらい、悩んでしまいました。作文は、起承転結の構成がしっかり成されていることが重要で、決して自分の正直な意見を書かなくてもいいのですが、自分の意見どころか、それらしい意見すらも思い浮かばない…という…。何度か受験していますが、作文で焦ったのは初めてかもしれません(泣)。

一応何とかマス目は埋めた、埋めただけ、それしかできないまま作文の時間が終了し、心が折れそうなまま突入した読解。今回も、中盤を過ぎたあたりから、一度ザッと目を通したくらいでは解けない設問が増えてくる…といういつも通りの展開。ここで勉強不足を再認識しても仕方ないのですが、残りの設問数と時間を思うと、最後までたどりつけるのかという不安との闘いもこのへんから始まってくるのです…。その上、設問の意味はわかる。答えの選択肢の意味もわかる。でも肝心の答えがわからない。という、文法がわかる、だけでは解けない設問もちらほらお目見えしてくるのです…。

自信のない設問には、印をつけて、何とか最後まで解いた後に、答えの選択肢①〜④の数を数え、だいたい同じ数になるよう答えを選び直す、という一か八かの賭けに出る真似までしたところで試験終了…。

いつも以上にクッタクタに疲れてしまった試験でした…。

皆さまは、手応えどうだったでしょうか?

わたしはこんな感じで受けた試験なので期待でウキウキとはいかないのですが、はてはて結果は如何でしょう…?

15時までドキドキが続きます…(笑)

…そうでした。特に15時、18時あたりはなかなか結果のサイトに繋がりにくい状況になると思われます…。もしかしたら、落ち着く明日頃までドキドキは持ち越しになるかもしれません…(泣)。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です