복어 껍질 무침

韓国語学堂 食べ物

寒くなりましたね。お風邪など引かれていませんか?

날씨가 많이 쌀쌀해졌어요. 감기에 걸리시지는 않으셨나요?

今日は、依頼のあったお仕事で、120年前の新聞記事の翻訳に勤しみました。ご存知の方も多いと思いますが、昔のハングルの字体は今とは違います。・がついていたり、慣れないと読み辛くまた、言葉自体も違ったりするので、ちょっと苦戦しましたが、無事完了。

古い戸籍の翻訳の依頼を受けたこともあるのですが、戸籍が手書きだったため、字の癖で読み辛い部分が多かったり、今はない韓国の地名の漢字を特定するのが大変だった思い出があります。

古い文章を訳すのは、日本で言えば古文を訳すようなものなので、見てすぐにスラスラとできるものではないのですが、単に翻訳するというだけでなく、歴史を紐解く楽しさがありますね。今日の内容は、罪人の処罰についての記事でしたが、当時に思いを馳せつつ訳すのはけっこうわくわくする作業であったりもするのです。

語学堂では、古文に限らず多種多様の翻訳依頼も承っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

さて。寒くなってきて、スーパーにトラフグの皮が並び始めましたね!

今回ご紹介したいのは、トラフグの皮を使ったお料理です。作り方はいたって簡単。湯引きしたトラフグの皮と3センチくらいに切ったセリをコチュジャン・お砂糖・ごま・お醤油などで作った薬念で和えるだけです。セリのほろ苦さがいいアクセントになりますよー。薄くスライスした玉ねぎや細めの千切りにした人参、小さくちぎったサニーレタスなどをお好みで加えても◎。お料理というよりは、ソジュによくあうおつまみですね(^ ^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です